2018年06月度月例会実施報告


2018/06/06  園田憲章

 
[百里ケ岳] 
(931m)

                                                

◎実施日:2018年06月03日(日)  
 
◎天 候:晴
 
◎参加者:      12名   井田、上田、江川、川添、川鍋、川井、園田、中原、細田、前田、牧野、園田   

◎行 程: 小入谷越登山口8:52→9:19 小休止9:25→10:21 シチクレ峠10:34→11:15 百里ケ岳
     12:02→12:50 根来坂越13:08→13:40 焼尾地蔵 13:48→14:05 谷川→14:35小入谷バス停          


           当初はJRとコミュニティーバスで木地山峠から縦走する予定であったが、コミュニティバスは市営で小型でかつ予備の車輛がないため増発対応も出来ない、とのことで地元の人の迷惑にならないよう、車利用と周回コースに変更。


      JR長岡京を6:30にスタート。京都市内を抜けて、宝ヶ池で一人ピックアップし、大原から途中越えで坊村へ。
ここで守山からのメンバーと合流し、小入谷越に。登山口のスペースに車を停め、登山開始。
支尾根に届くまでは結構な急登が続く。尾根道も大きなアップダウンを繰り返し高度を上げる。
    P805のあたりで右手が開け、琵琶湖も見え、目指す百里ケ岳の山容を眺めることが出来る。   


        シチクレ峠で小休止。晴天だが湿度が低く、風もありさわやかで快適。のんびり休憩をとり登山再開。
    県境出合いを通過し、いよいよ百里ケ岳にとりつく。ここからもアップダウンを繰り返し、最後の急斜面を上りきると百里ケ岳の山頂に到着。
少し時間は早いが、木陰でお弁当にする。山頂からは日本海の小浜湾が見える。
比良の山々も良く見える。山頂の標識は小浜のものでここは福井県である。


           山頂で記念の写真を撮り、下山にかかる。上りと同じ道を県境出合いまで下り、ここから上り道と分かれ、県境尾根を下る。
根来坂越まで下りここで小休止。ここから焼尾地蔵まで一部林道も含め下る。
    焼尾地蔵で小休止後林道を少し下り、カーブミラーのところから林道を離れ、地図にない踏み跡がはっきりしない急斜面を一気に下る。
谷川に下ったところから流れに沿って下る。所々流れを渡る。
茅葺屋根を張り替えている民家が見え、間もなく小入谷バス停にゴール。


            運転者の4名が小入谷越に停めた車まで上り返し車を回収しバス停へ。
朽木のてんくう温泉に寄って帰ることも考えたが、まっすぐ帰ることにする。
坊村で一休みし、茶店に入って冷たいものを摂る。
    この後花折鯖寿司(1本、4750円)の店に立ち寄ったが売り切れであった。ここで解散。
それぞれ思い思いのルートで戻る。6月でこんなにも爽やかな気候に恵まれるとは、いい山歩きができた。

        




1  小入谷越に到着
2  小入谷越登山口より登山開始
3  尾根への急登
4  尾根を上る、尾根の向こうは植林帯
5  自然林の尾根を更に上る
6  最初の小休止
7  P805を目指して上る
8  P805で右手の展望開ける、琵琶湖も見える
9  P805から、あれが百里ケ岳
10 シチクレ峠で小休止
11 シチクレ峠を後に、百里ケ岳にとりつく
12 やや難所を通過
13 最後のひと踏ん張り
14 百里ケ岳山頂に到着
15 山頂の木陰でお弁当
16 百里ケ岳山頂で全員
17 下山
18 根来坂越を目指す
19 根来坂越で小休止、冷たいデザート
20 根来坂越からの下り
21 焼尾地蔵で小休止
22 林道のカーブミラーから地図にないルートを一気に下る
23 谷川に到着し流れに沿って下る、小入谷登山口通過
24 最後の渡渉
25 茅葺屋根修理中の民家、小入谷バス停近い

同好会トップへ「戻る」